ワークマンの作業用手袋をゴルフに使う

Pocket

ワークマンで購入した作業用手袋をゴルフで使ってみた感想です。

先日、ワークマンで掘り出し物…になるかもしれない商品を見つけた主人。興味津々早く試してみたかったようで、早速昨日のプレーで使ってみたとの事。その感想を聞いてみました。

結論から言いますと、『Very Good!!』大変好感触だったようです。

手のひら側の滑り止めが、かなりの高機能

手のひらの滑り止めがグリップに吸い付くような感触で、全く滑る事なくクラブを振る事が出来たとの事です。また、実際に使ってみて、この滑り止めの感触だと雨の日のプレーでも滑る事なく使用出来るのではないかという印象だったようです。

手先の細かい作業が可能

細かい作業をする事を考えて作られているようで、自分にぴったりのサイズの物を選べば、指先を自由自在に動かす事が出来るようになっています。本来、ゴルフをする場合、左手(右利きの場合)だけに手袋をはめるのが普通ですが、この手袋は手に密着するので保温性も高く、寒い時期のプレーでは右手にも手袋をはめてプレー出来る。また、スコアをつける時も、手袋をわざわざはずす事なくペンシルを握る事が出来るとの事でした。

驚くべき低価格

そして、なんと言っても99円というこの価格です。1度使っただけなので、耐久性についてはまだ何とも言えませんが、ある程度の期間使う事が出来れば、破損して買い換えるのもそう気にはならないという事です。ゴルフ専用のグッズは、どんな物でもそれなりのお値段がしますので、特に手袋のような消耗品をお安く購入出来るのは嬉しいですね。

 

ゴルフ専用の手袋ではありませんが、ともすると専用手袋よりも使い勝手が良いようで、超破格のお値段ですぐれ物を手に入れられたと主人は大喜び

リーズナブルで高機能、申し分のない商品なのですが、一つだけ困った事があったらしいのです。

それは、ご一緒した方々から「それは、どこのメーカーの手袋か?」と尋ねられ、返答に困ったという事です。

ちなみに、手袋には『TAKUMI』との名前が入っています。

 

 

【関連記事】

・『ワークマンに行ってみました

・『ワークマンに行ってみました:②