セパレート長襦袢*替え袖*

Pocket

着物のふりや袖口部分は、意外と目につくもの。着物とふりがあっていないと、少々不格好…襦袢から取り外した袖を着物に縫い付けて替え袖にしますが、プラスチック製のホックで取り付けるようにすると、お洗濯時にいちいち外してまた付けて…という手間が省けます。

替え袖の丈や幅が着物にぴったり合えばよいのですが、頂き物やアンティークの着物など、袖丈がまちまちの場合が多いので、面倒ではありますが、何種類かサイズ違いの替え袖を作っておくと便利です。
もう着なくなった着物や洋服地を利用したり、お好みの柄の長襦袢の反物を購入して、裾よけと替え袖何点かを作っておくのも良いですね。

替え袖は、生地を長方形に切って、外から見える袖口とふりの部分は手でまつりますが、見えない部分はミシンがけをして仕上げます。何枚かを作るのも、流れ作業的に進めれば、そう時間もかからないと思いますが…気にならないようなら、全部ミシン仕上げでも良いかもですね。

これからの暑い季節には、サラッと肌触りの良い麻の替え袖がベストだと思いますが、麻生地となると、少々お値段が張る…

そこで、またまた着物女子の皆さんのお知恵を拝借する事に致しました。
ブログの中に、麻シーツを利用している…という方がおられました。なるほど!…私には、とても思い付かないようなGOOD IDEAです!!

早速、楽天のスーパーセールを利用、麻シーツを購入しました。
レビューを拝見すると『思っていたより、薄い』とのコメント。けど、替え袖にするには、薄手の生地である事は、願ったり叶ったり。

麻素材ですので、一晩水に浸けて十分に縮ませてから、作業に入りたいと思います。
予定では、このサイズですと、二組くらいは替え袖が作れそうです。ま、どの程度縮むのかによりますが…