セパレート長襦袢*解体作業*

Pocket

さて、考えてばかりいないで、いよいよ解体作業に入ります。

「着付け教室あるある」で、教室に通っている間は、着るかどうかも分からない着物関係の買い物が増えてしまうのは、私だけ?…
ちょうどその頃に練習用にと購入し、1~2度しか袖を通していないあまりに可愛すぎる柄の長襦袢がタンスに眠っておりましたので、そちらを使おうと思います。練習用にという事で、素材はポリエステル、単衣のプレタ長襦袢です。

 

①まず両方の袖をはずします。手縫いではなくミシン縫いなので、解くのに少し時間はかかりますが、そこは頑張って。

両方の袖が、外れました。

②次に身頃を切り離しますが、ここで注意しないといけないのは、付け襟になる方の身頃の上の部分の丈。襟が詰まってしまった時に、後ろの裾を引っ張って直すのに都合が良いように、十分な丈を取っておく必要があります。お尻が隠れるくらいの丈がベストかと思います。それくらいの丈があれば、単衣の着物を着た時でも、表にひびく事はないと思います。

何だか画像がいまいちのような気がしますが…
上身頃背中心の襟の付け根から60cmの位置で切り離しました。下の裾よけになる部分の丈は、67cmになりました。

次回は、上見頃部分で、付け襟を作ります。