*Kimono

セパレート長襦袢*裾よけ部分を作る

身頃の上部分で作る付け襟に十分な丈を取ると、当然、裾よけスカートとなる部分の丈は短くなってしまいます。なので、腰回り部分は晒し布を足して作ります。 今回は、二部式襦袢を使用しましたので、腰部分は予め木綿生地になっていて、 […]

セパレート長襦袢*付け襟を作る②

…前回の続きです。 これから着る事になる夏物で、作業を進めます。私が使用したのは、このタイプの二部式襦袢。長襦袢と違って、初めから上下が分かれているので随分作業が楽になります。(画像は、楽天から拝借しました) 《二部式襦 […]

セパレート長襦袢*付け襟を作る①

市販されている付け襟は、だいたいこんな形をしています。         便利な優れ物なのですが、意外に使い勝手が悪かったりします。安定性に欠けるというか、きっちりと固定していないと […]

セパレート長襦袢*解体作業*

さて、考えてばかりいないで、いよいよ解体作業に入ります。 「着付け教室あるある」で、教室に通っている間は、着るかどうかも分からない着物関係の買い物が増えてしまうのは、私だけ?… ちょうどその頃に練習用にと購入し、1~2度 […]

前回、思い付いたアイデアは『おお!ナイスアイデア!!』と個人的に自画自賛、大満足でしたが、多くの先輩着物美人の方々は、もう既にご存じだったのですね。 そんな方々のブログも参考にしつつ、自分流にアレンジしながら、『セパレー […]

もう十数年前に亡くなりましたが、私の母はとてもお洒落な人でした。 母の着物姿の思い出は殆どありませんが、彼女が着物に関してよく口にしていた事、それは『襟が抜けていない着物姿は、垢抜けない』というものでした。 その時は、何 […]

準備って、大切ですよね。 お料理をする場合でも、下ごしらえをきちんとしてあると、後の調理が随分と楽になります…お料理に関しては、私は結構、雑に済ませてしまう方ですが… 着物を着よう!…と思い立ったら、準備しなければならな […]

目指せ、着物美人!

…前回「私が着物を着る理由」の続きです。 もう何十年も前になりますが、一応、半年ほど着付けの教室に通いました。 が、他装(ひと様に、着物を着せる事)どころか、自装すらも怪しい。いざ着物を着てみると「あれ?何で、この紐、余 […]

…それは、ズバリ『何を着たら良いか、分からなくなったから』!! 決して良いスタイルとは言えないまでも、中肉中背ごくこく平均的な体型で、これまでは似合っていようといまいとそんな事はお構いなしに、好きな物、気に入った物を身に […]